A ROCKER IN THE BOOTS
福岡在住26歳。GRAVESTARのギタリスト「マッサル」のブログ。日夜音楽の素晴らしさを広めるため教えを説いている。
FC2カウンター



プロフィール

マッサル@GRAVESTAR

Author:マッサル@GRAVESTAR
3月21日更新。

日本に本物の音楽を!
福岡在住の25才のギタリスト&ソングライター。

超有名なバンド「GRAVESTAR」をやってます。

現在最強のボーカル募集中!

俺が好きなシンガーはクリス・コーネル、サミー・ヘイガー(元Van Halen、Chicken Foot)、クリス・ロビンソン(The Black Crowes)、スティーヴィー・ワンダー、スティーブン・タイラー(Aerosmith)など、ソウルフルな方々です。

バンドのイメージはAEROSMITHとLED ZEPPELIN、ROLLING STONESとBLACK CROWESとビートルズを混ぜてグランジのフィルターで濾したような泥くさい感じ。
というのは表向き!!!

色んな音楽を取り入れ結果として「あいつらはめっさいかしてるぜぇ!」と呼ばれるバンドを作りたい!

その昔ビートルズやツェッペリンやストーンズがそうだったように!



ライブ情報■3月23日に遊びでアコースティックライブします。詳細はナイショ。


あと俺はアル中じゃないし、天然でもありません。

ではまた。

※mixiしてる方は「マッサル@Vo募集中」でお探しください。



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

直接のお問い合わせはこちら!

名前:
メール:
件名:
本文:



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリカ!
5月28日(土)に、マッサルはこのイベントに行きます。

福岡市は赤坂の中央市民センターで行われる、
映画「DON'T STOP」の先行上映会!!行きたい人は連絡を!!
i6eue.jpg 

本公開はまだ1年後の映画がかなり早めに見れちゃいます。

アメリカ好き、旅好きは必見です!

マッサルが愛してやまないモニュメントバレー
(ユタ州とアリゾナ州の境目にある、ネイティブアメリカンの聖地)
の映像もスクリーンで見れるはずなので、
マッサルはその時間を友達と共有したいーー!! 
(下はマッサルの撮った写真)
BIMG_0530.jpg  BIMG_0416.jpg
公式サイト↓
http://www.dontstop.jp/index.html



以下、主催者の日記からコピペ!


2011年5月28日(土)、福岡で自由人・作家の高橋歩が
旅をテーマにしたトークライブを開催します!
さらに、その旅を追ったロードムービー『DON’T STOP!』
(俳優・小橋賢児初監督作品)の先行試写会も無料で付いてきます!


世界一周旅行中の高橋歩が一時帰国。福岡でトークライブを開催します。
今回のテーマは、アメリカ大陸・ルート66、
4200キロの旅『DON’T STOP!』。
車椅子に乗る不良オヤジと、ハチャメチャ家族、
高橋歩をはじめとするアホな仲間たちが、
キャンピングカーとハーレーで駆け抜けたアメリカ大陸4200キロの大冒険!
その旅の話を中心に高橋歩がソロトークライブを繰り広げます。

トークライブ終了後には、
『DON’T STOP!』の無料先行試写会も付いてきます!
この映画は俳優・小橋賢児の初監督作品。
高橋歩の話に触発された小橋賢児が全旅程に同行し、
自らカメラを回し創り上げた魂のロードムービーです。



今回のイベントには監督の小橋賢児、車椅子の不良オヤジCAP、その他の旅の仲間も参加!
映画上映後の舞台挨拶も見逃せません!

またこの旅を綴った高橋歩の新刊『DON’T STOP』に高橋歩と小橋賢児が
直筆でサインを入れて会場限定で販売します!

涙あり、笑いありの波乱万丈ファンキーな旅を、
高橋歩のトークライブ、そして小橋賢児の映画でお楽しみください!



■ 日時: 
2011年5月28日(土)
17:00     開場
―――――――――――――――――
18:00-19:00 高橋歩トークライブ    60分
19:00-19:15 休憩           15分
19:15-20:45 先行無料上映会      90分
20:45-21:15 監督・出演者舞台挨拶   30分

■ 定員 
トークライブ:先着500名

■ 会場
福岡市立中央市民センター
福岡市中央区赤坂2丁目5番8号
電話 092-714-5521

■ 参加費
前売価格:2700円
当日価格:3000円

※ 毎回会場は満席になります。
今回も満席になり次第予約は打ち切りますので、ご了承ください。





行きたい方は即連絡をー!
ではー!

スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

ジブリ In Hollywood。(誤字脱字訂正済み&追記もあり)

みんなに幸せになってもらおうと思ってした事が

8割がた裏目に出ます。

 

こんばんわ、マッサルです。

 

最近(力仕事の)バイト先の社員さんと、

「最近のハリウッド映画はネタ切れ気味だよね」

「確かにそうですね、でもドラゴンボールとかが実写化されたみたいに、
日本のアニメとかマンガを原作にしたやつが結構多いですよね。
日本でもアニメの実写版は最近多いし」

という話になり、ハリウッドに新しい風を吹き込んでみようと 自分なりに考えてみた。

 

ハリウッド版「となりのトトロ」。
totoro.jpg

洋題「The Neighbors」

サッキーとメイという二人のアメリカ人美人姉妹(シカゴ出身)が
自宅近くの森の中で見たこともない生物に遭遇し、逃げ惑う様を描いたサバイバルホラー。

 

あらすじは、

母が病気になり、大都会のシカゴからオクラホマの田舎町に引っ越してきた、バンシー一家。

新しい生活に戸惑いつつも、スイカ農園の経営などで生活をしていくことに成功。

やがて思春期を迎えた姉妹は、父親のニコラスから立入りを禁止されていた
家のそばの森に興味を抱くようになる。

そしてある年の謝肉祭の日、飼い犬のタックが森に逃げ込んだことから
ついに姉妹は禁断の森へ足を踏み入れてしまう。

しかし、森に入った瞬間響き渡る、愛犬タックの悲鳴。

姉妹が目にしたのは想像を遥かに超える、森の伝説「トトル」の姿だった。

そして姉妹が何とかしようと色々やってるうちに何とかなるようになって、

事件から1週間後、

事件後の農村地帯から、1時間半にわたりビデオに収められた映像が、
アメリカ軍の捜査中に偶然見つかった。

 

うん、

 

なかなかよくなってきた。

 

 

映画の特徴としては、

①姉妹の持つハンディカムで事件を様子を克明に撮影し続けた
「主観撮影法」を用いた作品のため、
自分が映画の中に飛び込んだかのようなリアリティが味わえる。

②主観撮影法のため、手ブレが激しく、乗り物酔いのひどい人にはお勧めできない。

③妊婦も見ちゃいけない。

④結局最期までトトルが何体いるのかがわからない。
というか最後まで見てもわからない。

某巨大掲示板では「トトルは1匹だけ!」、
「トトルは4体いた!」とのあいまいな情報が飛び交うが、

「トトルは親2匹、子が1匹」という説がもっとも有力。

⑤監督はローランド・エメリッヒ。
だから代表作のハリウッド版「ゴジラ」や「デイ・アフター・トゥモロー」、
そして「インデペンデンス・デイ」同様、ニューヨークが無残に破壊される。

ちなみに舞台はニューヨークから遠く離れたオクラホマ州だが、
ニューヨークも重要なファクターらしい。

⑥配役はサッキーにヒラリー・ダフ、
254966.jpg
メイ役はダコタ・ファニング。
A0001257-00.jpg
父親のニコラスはジョン・トラボルタ。
john-travolta-photo.jpg
病気の母親は二コール・キッドマン。
A0001665-00.jpg

トトルはフルCGで、「モンスターズ・インク」のサリーを真似たらしい。
55-02.jpg
というかピクサーの社員がトトルをデザインしたらしい。

この事件の裏にはアメリカ最大の麻薬組織と、テロリズムが密接に関係していて、
元をたどればキューバ危機に関係があり、生前のチェ・ゲバラにヒントがあるらしい。
che.jpg

あとローマ法王の謎にも迫るらしい。

⑧ロックスターが友情出演。近所に住むサッキ-の同級生の男の子「ゲイリー」は
なんとジョン・ボン・ジョヴィ。
jonbonjovi.jpg

そのグランドマザー役には、なんと最近巨大化したアレサ・フランクリン!
aretha-franklin.jpg
出演料だけで制作費の10%に達したとか!

そしてカントリーバンド役でZZ TOPも出てるらしい。
zztop4.jpg

⑨重要なシーンでLed Zeppelinの「移民の歌」を許可済みで使用したにも関わらず、
ギタリストのジミー・ペイジから著作権関係の訴訟が起きる。

ちなみにオープニングテーマはレイナード・スキナードの「スウィート・ホーム・アラバマ」。

エンディングテーマはZZ TOPの「Tush」。
新たに撮影されたTushのPVは映画の映像とZZ TOPの映像を掛け合わせたもので、
コミカルな彼らと映画のシリアスさが対峙がすばらしいとされ、
グラミー賞のロックビデオ部門を見事に獲得。

⑩猫とバスの融合、猫バスがCGでも再現不可能とされていたが、
p1_20090212001452.jpg
猫バスの顔まねがすごくうまい日本人がオーディションにて発掘され、
顔の筋肉の動きをモーション・キャプチャーを用い、データ採取。

これまた日本人が映画界に世界的な注目を集める。

⑪エンディングが実は二つあるが、
初回限定のDVDを購入した人のみが見れる特典になっている。

⑫「雨にもかかわらず公開4日目のみの歴代興行収入No.1」という
ムリヤリな括りの中で世界一を記録。

⑬ポスターはこれ。
561543235_93.jpg

 

うん、

 

なんかどうでもよくなってきた。

それでは今日は、オリジナルメンバーで再結成して来日も決まったMr Bigの名曲、
「Green-Tinted Sixties Mind」をどうぞ!!

ちなみに本日12日の午前11時から、6月12日のZepp福岡公演の先行予約が開始です!
俺はバイト中にこっそりチケットを取ります!

 

14歳のときから聴いていたバンドの再結成、今から楽しみです!
それではまた!

 

※追記

チケット4枚ゲットしました。

福岡公演参戦の方、よろしくお願いします。


テーマ:★おすすめ映画★ - ジャンル:映画

POPEE the ぱフォーマー

POPEE the ぱフォーマー」を知ってる人?


公式HP→http://www.kids-station.com/minisite/popee/index.html


福岡ではTVQで最近まで土曜の深夜に放送されてたCGアニメ(2002年作品)


ウサギの着ぐるみを着たサーカス団員の「ポピー」。


なぜか表情の変わるお面をつけた「けだもの」(中身は明らかにオオカミ)。


ポピーの父で、少々ホモっ気のある「パピー」(怒ると顔が光る)。


他にはカエル、宇宙人、象などが登場キャラクター。


このアニメは説明が非常に難しいです。


若干腑に落ちない説明になりますがどうぞ~


[READ MORE...]

テーマ:アニメ - ジャンル:アニメ・コミック

「ROCK STAR」

個人的に一番好きななロック映画として君臨するのがこれ、「ROCK STAR」!


内容はこんな感じ。


舞台は80年代アメリカ、マーク・ウォールバーグ演じる主人公のクリスはロックバンド
STEEL DRAGON」のトリビュートバンドでボーカルを務めているが、完全コピーを目指すクリスとメンバーの間には亀裂が生じ、クリスはクビにされてしまう。


だが、クリスにある1本の電話が鳴る。それは本物のSTEEL DRAGONメンバーからの電話。
そしてクリスは本当に2代目STEEL DRAGONのボーカルになってしまう…という話。


で、感想↓


[READ MORE...]

テーマ:自分的ベスト映画♪ - ジャンル:映画

STILL CRAZY

我が弟子Akinobuにつられて、俺も見ました「STILL CRAZY」を!!


時は70年代、ロックバンド「STRANGE FRUITS」は元々メンバー間に確執のある有名なバンド。
とある野外ライブでステージに落雷があり、ライブがめちゃくちゃになったことでバンドは解散。


その日を境にメンバーは普通の暮らしに戻っていくが、数十年後、元メンバーが新たな仕事先で自分のファンだというあるイベントプロデューサーの息子と名乗る人物から再結成の話を持ちかけられたことで、昔の栄光を取り戻すべく、再結成してツアーにでる…という話。


で、感想↓


[READ MORE...]

テーマ:今日見た映画 - ジャンル:映画

エミリー・ローズ

3月18日(土)


今日もバイトは有給で休み。髪を切りに天神に行った。


髪を切ったらすぐFINE GUITARSに行くつもりだったが、
天神東宝ビルの前を通ると「エミリー・ローズ」の文字が…。


映画を見るつもりじゃなかったが、最近映画館で映画を見ていないのでフラフラと入場。


内容はいわゆる「エクソシスト」みたいなもんで、ドキュメント&ホラー。


悪魔にとりつかれた少女と、悪魔祓いを担当した神父の責任を問う裁判の実際にあった話。


んで、感想↓


[READ MORE...]

テーマ:エミリー・ローズ - ジャンル:映画

チャーリーとチョコレート工場

2日前、チャーリーとチョコレート工場をやっと見た。


死ぬほどチョコ好きの俺だがこの映画を見るまでにいろいろあってなかなか見れなかったが、
本当に見てよかったと思う面白さだった。


この映画のシュールさは明らかに子供向けに作られてないね。そこがまたいい。


ジョニー・デップの怪しさにハマり、脇役の子供達の相当なムカつき具合にはまり、
物語の有り得なさにハマった。


極めつけはウンパ・ルンパ。小さいくせに全然かわいらしくない小人の民族。スティーブン・セガールをどうかしたようなおっさん顔。


そんな彼らが歌う歌う。特に女の子がガムでブルーベリーになる時の歌なんかはEarth,Wind&Fireかと思うくらいファンキーでゴキゲン。
簡単な言い方に変えると。カッコよすぎた。


あとチョコレート工場の入口で人形が歌う「ウォンカズ・ウエルカム・ソング」最高。


あんな楽しい音楽はAndrew.W.K以来久々だ。


他にはリスに女の子が穴に落とされた時の歌。
あれも怪しい&胸キュン&いい歌でハマる。


変な魔力があるね、この映画は。


みなさんも是非どうぞ。


最後にもう一回。ウンパ・ルンパ最高。


テーマ:映画★★★★★レビュー - ジャンル:映画





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。