A ROCKER IN THE BOOTS
福岡在住26歳。GRAVESTARのギタリスト「マッサル」のブログ。日夜音楽の素晴らしさを広めるため教えを説いている。
FC2カウンター



プロフィール

マッサル@GRAVESTAR

Author:マッサル@GRAVESTAR
3月21日更新。

日本に本物の音楽を!
福岡在住の25才のギタリスト&ソングライター。

超有名なバンド「GRAVESTAR」をやってます。

現在最強のボーカル募集中!

俺が好きなシンガーはクリス・コーネル、サミー・ヘイガー(元Van Halen、Chicken Foot)、クリス・ロビンソン(The Black Crowes)、スティーヴィー・ワンダー、スティーブン・タイラー(Aerosmith)など、ソウルフルな方々です。

バンドのイメージはAEROSMITHとLED ZEPPELIN、ROLLING STONESとBLACK CROWESとビートルズを混ぜてグランジのフィルターで濾したような泥くさい感じ。
というのは表向き!!!

色んな音楽を取り入れ結果として「あいつらはめっさいかしてるぜぇ!」と呼ばれるバンドを作りたい!

その昔ビートルズやツェッペリンやストーンズがそうだったように!



ライブ情報■3月23日に遊びでアコースティックライブします。詳細はナイショ。


あと俺はアル中じゃないし、天然でもありません。

ではまた。

※mixiしてる方は「マッサル@Vo募集中」でお探しください。



カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

直接のお問い合わせはこちら!

名前:
メール:
件名:
本文:



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本出版します!
といっても俺ではなく、マイミクnikoraの弟の、
森りょういち監督がです!



以下、おねぇちゃんのnikoraの日記からコピペ!






こんばんは。暑い毎日が続いておりますが、
みなさん、お元気ですか~?

私は元気いっぱいです!

今日はお知らせがあり、日記を書きました。
CGアニメクリエーターとして活躍している弟がなんと、
本を出版する事になりました。
ここで宣伝させて頂きます!

-----------------------------------------------------

生きることは選択の連続。何が正解かなんてわからない。
さぁ、あなたは何て答える


1753168863_137.jpg
『チョイス24』

森りょういち [著]

定価
1,050円 (本体 1,000円)
ページ数
196

発売日
2011/08/02
ISBN
978-4-286-10766-0
ジャンル
芸術・芸能・スポーツ・サブカルチャー > サブカルチャー

生きることは選択の連続。さぁ、あなたは何て答える?
日常で遭遇する思いがけない局面。どーするどーする??何が正解!? 
8つのシーンごとに選択肢を進んでいくと、
タイプに分かれた違うラストにたどり着く、ゲームのように楽しめる本。

脱力系CGアニメ『Peeping Life』
デジタルコンテンツグランプリ審査員特別賞を受賞した、
今後の活躍が注目される若手実力派クリエイターがおくる、初の著書。



『チョイス24』の公式HP
http://www.choice24.jp/

文芸社-チョイス24-
http://www.bungeisha.co.jp/bookinfo/detail/978-4-286-10766-0.jsp


お求めは近くの書店などで!

俺とnikoraは販売していません!笑!

スポンサーサイト

テーマ:新刊・予約 - ジャンル:本・雑誌

オリジナル!
起こると思ってもなかったことが起こったり、

出会えるはずも無いスゴい人に出会ったり、

雲の上の世界に住んでる人と友達になれたり、

TVでしか見れない芸能人が意外と普通の人だったり、

想像をはるかに越える景色があったり、

食べた事の無い味の料理や酒があったり、

聴いた事のない曲があったり、

斬新な芸術があったり、

信じられない風習の民族がいたり、

今だに世界中で戦争が起こっていたり、

目を疑う独裁政治国家があったり。



いつも自分の想像を越える
新しい出来事の連鎖反応の中で
生きているにも関わらず、

20代も半ばを過ぎると、
「そんな事はあり得ない」とか、
「どう考えてもむりだ」とか、
「絶対ウソだ」とか、

自身の過去の経験を元に考えるクセが
ついてしまう人が多い。非常に多い。

多くの人がそこで取る行動は、
疑いだったり、無視だったり、
ひどくなると非難だったり、
叩き上げだったり。

自分と異質の物を
排除しようとする傾向がある。

これは自尊心を維持し、守る為でもある。



でも、たかだか人生は80年程度。
人類の歴史は200万年。



自分の寿命の2万5000倍の過去の歴史では、
あり得ない事がいくつ起こっただろう?
と、マッサルはよく考える。


少なくとも自分の人生で経験する
「あり得ない」が、
2万5000倍存在している気がする。


20年前、携帯電話が一般的になるなんて思わなかったし、

ハイブリッド車の発想なんて、
少なくともマッサルには無かった。

そもそも200万年前の人間は、
車や通信という常識さえ無かったはず。

しかし、年月を重ね、
変化が緩やかに起こり続ける事により、
ある日、それが常識に変わる。



では、もし現代に携帯電話が無かったら?


ハッキリとした想像も出来ないし、
違和感を感じると思う。


でも気付かないといけないのは、

携帯電話が発明された頃
それを所持している人に対し、
我々は同質の違和感を感じたはずだし、
それが一般に普及するイメージなんて無かったはず。
ということ。


では200万年後には、
何が常識になっているのか?


今は、2011年。

過去に通用する常識も残っていれば、
消えた常識もあり、
新たに常識になる事もある。

新たな常識は過去に通用しない事もあるし、
数億年後までの常識になる可能性もある。



予想もしなかった形でそれは現れ、

食事の定義だって、
芸術のカテゴライズだって、
言葉や国境だって、

今より曖昧になってる可能性があるし、
無くなってる可能性もある。




マッサルは、
「自分の想像の中で起こることばかりの人生なんて、つまんなさそうだ」
と思う。



予想外の事は、出逢いという形で起こるかもしれないし、
情報という形で現れるかもしれない。



しかし、何に対しても「あり得ない」
と突き返すクセがある限り、
新しい常識のオリジネーターになる事はきっと無いし、
自分の可能性を小さくする結果に繋がる。


それでは後から時代を追っていく人になるだけだ。



この考え方を持っていると、
何に対しても迷わない。

自分が人と違っていようが、変と言われようが、
「ずっと先を見ているだけだ」
と言い切れる。


上記は、特にコンテンポラリーな職の人と
共感できればといいなと思う。



もう一度言うけど、

今は2011年。
これから先も、予想外の事は起き続け、
やがて常識になる。
自分の想像の範囲内だけで、物事は起こらない。





そう、










宇宙人は絶対いる。

テーマ:宇宙・科学・技術 - ジャンル:学問・文化・芸術

ずっと②
初めてこのロゴを見たのは5歳くらいの時。

fcefb6e300f84b00a19f5f0e4b6cebf4.jpg

実家のおもちゃの中にバットモービルがあり、
それにこのロゴが張り付いていた。

それを見て幼いマッサルは




「何でノドチンコが2つあるうえに、
 歯が4本しか生えてないんだろう」

a-622.jpg


と疑問に思っていた。







でも、違った。




コウモリのロゴだと気づいたのは、
「バットマン・ビギンズ」が公開された頃だ。


ぞれまで20年近く、
「乳歯が生え変わる頃のアメリカ人の子供の口の中」
をロゴにしていると、本気で思っていた。


テーマ:日記 - ジャンル:日記

ずっと。
東野圭吾と東野幸治を同一人物だと思っていた。



東野幸治はタレント業もやりながら、作家としても活躍して、

すごく才能のある人なんだと思っていた。




かなりテレビに出てるイメージがあるので、相当時間のやりくりがうまくて、
空いた時間を上手に使って作品を執筆してるんだな、と感心していた。








でも、違った。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

マッサルの父。②
前回の日記で書き忘れたことがあった。


一度つぶやきにも投稿したことがあったが、




うちの親父のムーンウォークは絶品だ。




玄関まで歩いていった後、ムーンウォークで家族のいるところまで
戻ってくることなんてしょっちゅうだった。


最後に親父のムーンウォークを見て、10年以上がたっているが、
そのどや顔が忘れられずにいる。



その影響か、マッサルもぎこちないなりにムーンウォークができる。

きっと親父の影響に違いない。



ただ、役に立ったことなど一度も無い。






あと、和菓子の配達は基本的に
サングラスにエプロンという出で立ちで行う。


高塚地蔵尊に、四駆が乗りつけ、
中からサングラスにエプロンのデニス・クェイドと
デニス~1
若い頃の志村けんを足したような人が出てきて、
tumblr_l23wo8sJlt1qz57hso1_400.jpg 
和菓子の入ったトレイを担いだら。




うちの親父だ。

テーマ:パパの育児 - ジャンル:育児

悪の巣。
マッサルが大学一年の19歳の秋、当時住んでた大宰府での出来事。


地元の友達3人とマッサル宅で飲んでいて、
酔っ払ったノリで深夜の太宰府天満宮へ出かけた。

チャリ2人乗りで2組に分かれて移動していたら、
途中でお互いに見失ってしまった。

携帯電話も家に置いていたので連絡が取れない。
仕方なく別々にお参りを済ませてウロウロしていると、
ついに遠くの暗闇でうごめく2人に合流。



と、ほぼ同時に、忍び寄ってきたパトカーにより、我々全員捕獲。
大学生とはいえ19歳だったので事情聴取開始。


この時マッサルのポケットにはジャックダニエルズの小瓶が入っていた。
※この日大分から遊びに来てた、
当時高校3年生だった、友人モリベからの差し入れ

自転車二人乗り、深夜俳諧、飲酒に対しても未成年全員怒られ、
警察から一喝。


マッサルはマンション名を聞かれた。

マッサルが
「すずらんコーポです」


と答えると、警察の表情がさらに険しくなる。



すると警察が叫んだ。


「すずらん?あそこはアクロスじゃ!!」


と言われ、アクロスがどういう意味なのかわからず

「アクロスって何ですか?」


と聞き返すと、



警察が叫んだのは「アクロス」ではなく

「悪の巣」だったことが判明した。


テーマ:日記 - ジャンル:日記

かっこよく。
マッサルが最後に運転をしたのは、
まさに1年前。
  アメリカはネヴァダ州、ラスベガスで。
BP4130086.jpg

それだけ聞くとかっこよく聞こえるかもしれないが、

実は右車線の運転も全然違和感が無いくらい、
免許取得した2008年以来、日本でも車に乗っていなかったのだ。
BP4130074.jpg

仕事で車に乗ることも無ければ、
無くて困ることも無い。


たまに運転させてもらうときは、
自分がハンドルを握っているのを忘れることもしばしば。 

写真でもわかる様に、
車を運転するときはこれくらい表情がこわばる。
P4130078.jpg

週に数回入るスタジオは、
公共交通機関が動いていない時間帯に終わることもある。


が、人に恵まれている為、
優しいメンバーが家まで送ってくれたりする。
いつも本当にありがたく、感謝しっぱなしだ。






そんなマッサルだからこそ、
生まれて初めての免許の更新にどんな意味があるのか良くわからず
更新に行かず6ヶ月も放置してしまった。


更新期間が過ぎても多少のマニーを払うことで
再発行できるものと思ってたのが、甘かった。

簡単に調べたが、実際には10数万円かかりそうだ。



気づいたのは4日前。



つまりマッサルは今、無免許だ。




でも大丈夫。

高校に行ってなかったジャニーズが30歳を過ぎて
高校に行きなおすように、

免許を持ってないアイドルがTV局の企画で自動車学校に通う様子を
ドキュメンタリータッチで放送するように、



きっとTV企画で再び免許を取る形になると
もう、わかっているからだ。

テーマ:ぼそりと独り言 - ジャンル:

みんなに質問!
日本がこういう時だからこそ、みんなに聞きたいと思います。

例えば、


生きる事に無関心。

健康に無関心。

人に無関心。

自分にさえ無関心。

興味のあること以外には無関心。

「面倒くさい」が口癖。

仕事があることに感謝もしない。

口を開けば文句。

そのくせ現状から脱出しようとはしない。

なんでも人のせい、何かのせい。自己責任では動けない。

常に受け身。

何かに依存。

目の前の問題にばかりとらわれて、先を見ない。



今まで当然だった平和に慣れすぎて、
疑いもなく繰り返しの生活を送ってる人が多い気がします。

そういう日常を好きで、選んでる人がいること。
それは、俺ももちろん知ってます。


でも、選んだのではなく、自分の努力不足が原因で、
諦めた結果、選ぶしかなかったのだとしたら?




生きてるうちに本当にしたい事は何ですか?

現状に本当に満足してますか?

今の自分を10年後の自分が見ても、納得してくれますか?




自分の事を客観的に見る能力を身につけ、
これからの時間を、
そして人生を無駄にしないで欲しい。



自分の夢に制限をかけないで欲しい。



自分の現状を、イメージに近付ける努力を怠らないで欲しい。



努力が出来ないなら、出来ない原因を突き止めて欲しい。
文句を言うならそれからにしてほしい。





今回の災害で、不本意にも夢を追う途中に亡くなった方も多いはず。






それを知っていながらも!




何かに妥協しながら生きる事が正しいと思いますか?





もしかしたらこの文章を不快に思う人もいるかもしれません。



でも、俺はみんなに批判されていいから、
それを覚悟で言いたい。



少しでもこの文章に、自分に重なる部分があるとしたら、
この史上最悪の災害こそが、
きっと変化する「きっかけ」なんだと思います。



「きっかけ」とは、後々に「あれがきっかけだった」と思う物。

だから普段の生活では気づきにくい。



だからこそ俺は「これがきっかけだ」と提示したい。
絶対に、この「きっかけ」を見逃さないで欲しいから。


この災害は、夢を追うことを忘れた日本人に
間違いなく警鐘を鳴らしてると思います。





俺は、

亡くなった人達に恥じない人生を送りたいと思います。

テーマ:ひとりごと - ジャンル:ライフ

2010年度マッサル傑作集。
さて、2011年になったので
去年書いた中で最も(俺的に)得点が高い記事をいくつかピックアップします。


「マッサル監禁事件について。」
http://masaru69691984.blog50.fc2.com/blog-entry-333.html

「ついにバレた。」
http://masaru69691984.blog50.fc2.com/blog-entry-328.html



そしてまだ途中までしか書いていませんが、アリゾナ州とユタ州を旅したときの記事
これは自然を愛する人と共有したい!

「あめりか日記②~マッサルの夢叶う!~」
http://masaru69691984.blog50.fc2.com/blog-entry-338.html




でーす。



「ついにバレた。」は長さから見てもよく書いたなと思います。


去年はあんまりかけなかったブログ。
今年はいっぱい書きたいブログ。

思い出せなくてお蔵入りになったネタがいっぱい!



と、と、とりあえず、


「マサル・ロングストライド」って名乗りたい。
peri031210.jpg

ではまた!

テーマ:大自然の日記 - ジャンル:日記

コウモリ定食2。

バイト先の近くにある、牛丼チェーン店「松屋」。

この店舗で「豚めし大盛」を頼んでも、日本人の店員が厨房に向かって

「コウモリいっちょー!」

と叫ぶことが最近判明。

ちなみにマッサルは牛めしは頼まない。

松屋では豚めしって決めてるんだ。

 

こんばんわマッサル・ヤシマです。

 

来週12日の月曜から1週間、アメリカへ旅に出ます。

18日の夜21時ごろ日本に帰ってくるので、それまで基本的に連絡は取れませんが、

アメリカ国内でもWi-Fiエリアに入りさえすればメールのやり取りはできるので、
何かあればメールでの連絡お願いします。

マッサル携帯↓

shake〇your〇moneymaker@i.softbank.jp
※〇をハイフン(-)に変えてください。

 

さて今回ですが、初めてロサンゼルス以外の場所へ行きます。

ネバダ州ラスベガスから始まり、アリゾナ州、ユタ州、そしてカリフォルニア州ロサンゼルスへ。

ずっと行ってみたかったグランドキャニオンや、
gcn_024.jpg

小さい頃からの憧れのモニュメントバレー。
mv05.jpg

そしてアメリカ最大の謎を秘めたエリア51。
ufo591.jpg ufo701.jpg

そして最終日、ロサンゼルスでのEaglesのライブが最大の楽しみです。
t0000068.jpg


 

ヤシマはネバダへ。という、
どこかで聞いたことのある神がかり的シチュエーションが遂に実現です。
(俺の本名はヤシマ マサルです)

 

 

あ、

Wiiのブラック(新品、未開封)が欲しい方は帰国までにご連絡ください。
image_20100410000010.jpg

15000円で売ります。

 

あと、

ゴミやタバコの吸い殻を道に捨てる人が死ぬほど大嫌いです。

 

ではまた。


テーマ:日々のできごと - ジャンル:ライフ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。