A ROCKER IN THE BOOTS
福岡在住26歳。GRAVESTARのギタリスト「マッサル」のブログ。日夜音楽の素晴らしさを広めるため教えを説いている。
FC2カウンター



プロフィール

マッサル@GRAVESTAR

Author:マッサル@GRAVESTAR
3月21日更新。

日本に本物の音楽を!
福岡在住の25才のギタリスト&ソングライター。

超有名なバンド「GRAVESTAR」をやってます。

現在最強のボーカル募集中!

俺が好きなシンガーはクリス・コーネル、サミー・ヘイガー(元Van Halen、Chicken Foot)、クリス・ロビンソン(The Black Crowes)、スティーヴィー・ワンダー、スティーブン・タイラー(Aerosmith)など、ソウルフルな方々です。

バンドのイメージはAEROSMITHとLED ZEPPELIN、ROLLING STONESとBLACK CROWESとビートルズを混ぜてグランジのフィルターで濾したような泥くさい感じ。
というのは表向き!!!

色んな音楽を取り入れ結果として「あいつらはめっさいかしてるぜぇ!」と呼ばれるバンドを作りたい!

その昔ビートルズやツェッペリンやストーンズがそうだったように!



ライブ情報■3月23日に遊びでアコースティックライブします。詳細はナイショ。


あと俺はアル中じゃないし、天然でもありません。

ではまた。

※mixiしてる方は「マッサル@Vo募集中」でお探しください。



カレンダー

08 | 2007/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

直接のお問い合わせはこちら!

名前:
メール:
件名:
本文:



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山で生きろ!(追記あり)

バイト行く途中にある友達の家の前で石を食べる少年を見ました、
どうもマッサルです。
neverending20rockbiter201.jpg


9月21日の夜から実家のある大分県の玖珠町へ帰っていました。
今年で11周年を迎える、うちのオヤジが主催する野外ライブ、
「畑のコンサート」が22日(土)にあったんです。


今回も、帰る前からあらかじめ「一曲手伝ってくれ」と親父に言われていた曲がありました。


曲は荒井由美作詞作曲、バンバンという2人組みユニットが歌っていた
「いちご白書をもう一度」と言う曲です。


帰る直前にYouTubeで探し当てた、素人さんの弾き語りバージョンを聴いて
「なんだこんな暗い曲なのか」と思い、
ガッカリしたのでアコギで適当にアドリブでソロを弾くつもりだったんですが、


実家に帰宅した直後にオヤジに呼び出され、リハーサルをすることに。
CA340496.jpg
↑リハをする親父たちとうちの妹。
(妹達はリコーダーでピューと吹いて参加)


しかしその時、バンバン本人達のオリジナル音源を渡され驚愕


 


そのスタジオ版にはイーグルスの「ホテル・カリフォルニア」並みの
キメだらけの泣きのギターソロが収録されてました。


イントロ00:00秒の時からエレキギターでのボリューム奏法、しかもキャッチー。
「これは完コピしないとお客さんからブーイングだぞ?」とオヤジに脅され、
急遽「もしもの時のため」に持って帰っていたレスポールでソロを暗記して弾くことに。


 


その夜は半年振りの実家ということで、小5の妹と夜2時くらいまで遊んでいたのですが
俺にムカつくと足を踏むなど、かなり猟奇的になっていました。


散々遊んで朝方寝て昼くらいに起きると、妹は友達4人アップルパイを作っていました。
聞けばこの日のライブで手作りのアップルパイとクッキーを売るのだそうです。
CA340502.jpg


市販のポテトチップスなんかを100円くらい高くして転売してたのはまぁいいとして、
自分でUFOキャッチャーで取ったぬいぐるみなどを売って、
去年も8000円ほど稼いでいたと知った時はさすがだな、と思いました。


 


で、俺は昼過ぎから1時間かけ、夜のために「いちご白書~」のギターソロを暗記。
何とか完コピできたので後は夜を待つだけです。


 


んで4時くらいに会場入りし、リハ開始。


出演者のアンプ(ツインリバーブ)を借りたんですが、
非常にコシのないヌケない音でした。
CA340508.jpg


こんなことならマイアンプFineドライブを持って帰ってればよかったと思ったんですが、
後の祭りで、自分の音に責任を持つという意味で、次からの教訓になりました。


もちろんそれ以上にプレイが大事なんですが。


 


そして開演時間直前になるとお客さんに混じって地元の友人がワラワラと集まってきました。
この場を借りて、英治夫妻、高校の友人カジカ、長野ゆういち、さとみちゃん、松木さん
CA340503.jpg
かじか↑


そしてわざわざ佐賀から出てきたAkinobuことザック・マイルド。そしてY氏、ありがとう!


CA340504.jpg
↑ボニータのマスター久恒さん。
(動きが早いので顔を見たことがありません)


CA340507.jpg
↑実家から300mの近所に住んでいるかわいいクソガキ、ひろき。 


俺の出番は一組目の俺のオヤジのフォークデュオの最後の曲でした。
ギターソロ、バッキングのおかずを完コピしたにもかかわらず、

 20070928003420.jpg 
20070928003446.jpg 20070928003515.jpg
↑右が俺で左がオヤジ。


結局最後のソロはアドリブでやっちゃったのであんま意味なかったです。
初めて聞いたときから似てるな~と思ってたホテル・カリフォルニアのギターソロを
途中でまんまちょこっと弾いたりしたんですが、誰も気付いてなかったっぽいです。
20070928003350.jpg 20070928003551.jpg


まだ映像を見てないので出来はよくわかりませんが。


Akinobu、Y氏、映像完成したらよろしく。


 


出番も無事に終え、その後は最後のセッションまで友人と話したりして待機してたんですが
いざセッションタイムになると、
CA340509.jpg


名前を呼ばれない。


 


俺は呼ばれないまま「Stand By Me」が始まって、じっと見てたんですが、
その次の「Sweet Home Chicago」になってもそのメンバーで演奏を始めたので、


途中で勝手にステージに上がり、出演者のギターを奪い取りソロを弾かせてもらいました。


が、おそろしく固い弦と恐ろしく高い弦高。
それは普段使い慣れた、ちっともFineなギターではありませんでした。
そのため、演奏で悶絶。


まぁ酔っ払ってたのでよく覚えてませんが、10数年ピアノを弾いている客席の友人曰く、
人のギター(俺が弾く前に同じ曲で誰か弾いていてたギター)なのに、
トーンがずば抜けてよかったと言われたのは嬉しかったです。


 


そのセッションを最後にライブは終わり、
Akinobuの車でに福岡まで送ってもらうことになったんですが、


途中道に迷い、山道どころか農道にまで迷い込み20分ほどウロウロするハメに。
俺の説明不足でした。Akinobuすまん


なにはともあれ福岡まで無事に帰れました。Akinobuサンキュー


 


というわけで久々のライブは無事に終わりました。


また何かあったらここで告知するので皆さんよろしくお願いします。


ではまた。


 


 


追記■Akinobuのブログにも関連記事が書いてるので見てください。


「Akinobu's Diary」↓
http://akinobusdiary.seesaa.net/article/57596219.html


ここで酔っ払いの俺の酷さが赤裸々に綴られています。


 


Akinobuほんとにごめん。


スポンサーサイト

テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽

やつらが帰ってくる。

レディースSサイズのスキニージーンズがピッタリ入りました。


こんばんわマッサルです。


 


さて数日前VELVET REVOLVERの2度目の来日が決まりました!
80052.jpg
http://www.creativeman.co.jp/index.html


今最も世界を興奮させるロックンロールバンド、VELVET REVOLVER


あの元GUNS N' ROSESのスラッシュとダフ、マットのいるVELVET REVOLVER
20001123091703-slash18.jpg r157371_570463.jpg MattSorum2.jpg


あの元STONE TEMPLE PILOTSのスコットのいるVELVET REVOLVER
scottweiland01_story.jpg


あの元Zilch(hideのバンド)のデイブがいるVELVET REVOLVER
velvetrevolver02.jpg


 


2年半前の初来日時にはZepp大阪まで足を運び、
スラッシュと声を交わすことができたことに涙を流しました、マッサルです。


出待ちでスコットに思い切りガンつけられて涙しました、マッサルです。


前回のライブの記事↓
http://blog.goo.ne.jp/masaru69691984/e/dd15992d9b2881d750ee1253bb384b5a


 


今回も東名阪ツアーですが、頑張ってジワジワお金ためて大阪まで見に行くつもりです。


あぁ~今から興奮する。コ、コ、コペルニクス!


 


ちなみにVELVET REVOLVERの最新のライブ映像を
ここからたっぷり高画質で無料で見ることが出来ます↓


http://jp.video.msn.com/v/ja-jp/v.htm?f=msnhomechlist


このライブはあんまりよくはないけどいい予習になります!


メチャクチャカッコいいのでどうぞ!


 


最近バイト先にフランク・ザッパが買い物に来ます、マッサルでした。
ZAPPA.jpg


テーマ:お気に入り&好きな音楽 - ジャンル:音楽

久々に山の中で。

4ヶ月振りにステージに立ちます!!


 


今回のライブは、俺の実家のある大分県は玖珠町の山の中で行われる野外ライブです。


毎年秋の恒例行事となっていて、今年は遂に11回目を迎えるんですが、
実は俺のオヤジが主催者だったりします。


 


俺はというとオヤジのフォークデュオに参加し、
アコギで数曲ギターソロを弾いたり、出演者全員のセッションに混じるだけなんですが。


だからドラゴンスーツも着ないしカツラも着用しません。


20060923192825.jpg
去年の様子↓
http://masaru69691984.blog50.fc2.com/blog-entry-124.html


 


地元組の方、大分まで(といってもほぼ福岡と大分の県境)見にこれる方、


アウトドア感覚満載の会場です、キャンプ気分で楽しめると思うのでぜひ見に来てください!
秋の山の中、キャンプファイヤーを囲んで飲むバドワイザーはうまいですよ。


会場の質問等は気軽にどうぞ!


 


出店もたくさん出ます。ボニータのタコス屋台も出ます。


うちの実家で作ってる和菓子も売ってるので、ぜひ売り上げに貢献してください。
家族が喜びます。


 


 


ところで去年実家で飼ってたアイガモが食われてないか気がかりです。
TS320315.jpg
関連記事↓
http://masaru69691984.blog50.fc2.com/blog-entry-126.html




  


詳細はコチラ↓


日時■9月22日(土)


開場■18:00  開演■18:30


会場■森の学校(大分県玖珠町北山田のとある山の中■TEL:0973-73-8634)


TICKET■1500円


出演■岡部鉄心バンド(福岡)
BIG BAN BLUES BAND(福岡)
うちのオヤジのフォークデュオ(地元)
その他



 


俺の出番は最初と最後くらいです。
山の中は寒いので防寒着をお忘れなく!


 


そして今、すごくハチミツが舐めたい。


 


それではお待ちしております!


テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

エアロスミス弁当。

高校の頃。


放送部が昼休みに校舎内に音楽を流していた。


リクエストのあった曲や生徒が持ってきたCDを放送部は流していたが
流れてくるのは浜崎○ゆみB○Aジャ○ーズGL○Yなど身の毛もよだつ音楽ばかり。


言っちゃ悪いけどFU○Kな音楽ばかりだった。


 


毎日毎日、そういったJ-POPに耳をやられそうになり、
母親がせっかく作ってくれた弁当を顔を歪めながら食べてた日々。


もう我慢ならんとばかりに俺は立ち上がった。


 


次の日、俺は学校にCDを1枚持ってきた。


昼休みになる前に隣のクラスにいた放送部の子に声をかけ、CDを渡した。


昼の放送の時間は約20分。俺はこのCDの1曲目から4曲目までを連続で流してくれと頼んだ。


しかし先客がいたらしく、時間の都合で4曲目を削るといわれ、俺は仕方なくそれに応じた。


そして昼休みまでの間、胸を弾ませながら曲が流れるのを待った。


俺が持ってきたCDはAEROSMITHのライブアルバム、「A Little South Of Sanity」
Aerosmith_promophoto.jpg


流す曲は「Eat The Rich」、「Love In An Elevator」、
そして「Falling In Love(Is Hard On The Knees)」だった。


 


昼休みになった。妙に緊張して弁当が喉を通らない。


弁当箱を開いて箸を持ち、友人と向かい合って座っているとその時がやってきた。


スピーカーから流れ出すオーディエンスの声、パーカッションのグルーブ、
スティーブン・タイラーのラップ、それによって更に大きくなる絶叫に近い歓声。


そしてバンドが一体となって繰り出すあの「ダン!ダン!」。
野太いギターリフ!スティーブンの絶叫!


「Oh!!Yeah!!」


 AEROSMITH「Eat The Rich」ライブバージョン↓
http://www.youtube.com/watch?v=SmFCElad2zM&mode=related&search=


 


弁当など食べる事も忘れ、興奮の坩堝に滑り落ち、全身の筋肉に力をみなぎらせた俺。


学校のスピーカーからエアロスミスが流れるという非現実的な未体験ゾーンに突入し、
アドレナリンを放出し、ほぼ絶頂を極めていた。


 


ようやく筋肉が緩和し
「どうだね、みんなも最高だろ?」的な自信満々な顔で周りを見渡してみると、


  


みんな特に反応なく弁当を食べている。


 


ある女の子グループはおしゃべりに夢中。


ある男グループもおしゃべりに夢中。


誰も聴いちゃいねえ。


 


やっぱこんなもんかと現実と想像のギャップに酷くガッカリしていると、
別のクラスの数人の音楽好きな友人がやってきた。


「さっきエアロ流したのもしかしてマサル?」と聞いてきたのだ。


「あ、わかった?そうだよ~」と答えると


「最高!またなんか流してよ!」と言ってくれたので俺は非常に嬉しかった。


 


音楽テロは成功したのだ!



俺はその日から週2回は何らかの音源を持ってきて昼休みに流すようになった。


数人の友人を喜ばせるという目的はもちろんあったが、
誰かがこういう音楽に感動して目覚めるんじゃないかという期待がそこにはあった。


 


それから流したのは覚えてるだけでも
Motley CrueOzzy OsbourneThe Black CrowesGuns N' Roses
マリリン・マンソンマイケル・シェンカーなど、
当時好きだったバンドを毎回2~3曲流していた。


おそらく3年で100曲近くは流してると思う。


12分近くあるGuns N' Rosesの「Novenber Rain」の
ライブ版を流した時はさすがに放送係にキレられたが


音楽テロは着々と進んでいた。


 


が、初めてクレームがきた。


クレームの主は「某」運動部の悪ぶってる先輩。
内容は「そんな曲を流すな、俺は青春パンクが聴きたい」という旨だった。


「ちゃんと聴いてるんだなぁ」と思うと同時に、
予想もしてなかったクレームで、嫌いな先輩だったのでのでムッとした。


 


だからやめなかった。


 


自己満足の野望に火のついた俺は、
次の放送日から3回連続でパンテラを流すことに成功。
3300399_249.jpg


1st、2nd、3rdから3曲づつ有名な曲をセレクトして流し、
高校生にパンテラの歴史を振り返らせたのだ!


当時俺は高校2年生。ヘヴィな音楽によだれを垂らす位ハマっており、
学校のスピーカーからパンテラを流した時は快感だった。


 


異様にヘヴィな音楽を流すブームは、一部では絶賛され、一部の女子にはうるさいと不評。
当時発売されたばかりのザック・ワイルドのライブを数曲流したことで頂点を極め、


友人がSlipknotの「IOWA」を流したことで終末を迎えた。


 


しかし、そこまでしても昼の放送ちゃんと聴いてる人ほとんどおらず、
その頃になると昼の放送は俺がCDを持ってきた時だけの
ロック好きな生徒の間の自己満足として成り立っていた。


 


そのうち、再びもともと好きだったエアロスミスなんかを流すようになってきた。


その日流したのは「Eat The Rich」のスタジオバージョン。


AEROSMITH「Eat The Rich」スタジオバージョン↓
http://www.youtube.com/watch?v=62_w7WmQmRo&mode=related&search=


 


前回はライブバージョンだったので、
誰か違いに気付くかな?と思いながら放送部に委託した。


 


でもその時は忘れていた。


「Eat The Rich」のスタジオバージョンの最後には
スティーブン・タイラーの特大の「げっぷ」が収録されていることを。


そしていつもどおりスピーカーから音楽が流れ始める。


「ダン!ダン!」というキメで曲が始まり野太いリフが始まる!


スタジオ盤独特の軽めの、ハッキリとしたサウンドで曲は進み、
クライマックスに近付き盛り上がりを見せる。


そして曲の終わりに放たれた、リバーブのかかった特上のスティーブンの「げっぷ」が、


 


「ゴゲェーッ」


 


その時まで昼の放送に耳を傾けさえしなかった人たちが、女子を中心に嫌悪の表情を浮かべる。


教室のあちこちから「きたなーい!」という声が聞こえる。


俺はすぐに自分がとんでもないことをしてしまったことに気付いたが、時はすでに遅く、
クラスのほとんどが俺がCDを持ってきてることを知っているためか、
みんながチラチラと俺の方を見てヒソヒソとしゃべっている。


 


俺は誰に言うわけでもなく、あたかも独り言であるかのようにこう言った。


 


「誰だよこんなCD持ってきたの…」








 


写真は崩壊した悲しいPino(チョコミント味)。
CA340489.jpg


テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。