A ROCKER IN THE BOOTS
福岡在住26歳。GRAVESTARのギタリスト「マッサル」のブログ。日夜音楽の素晴らしさを広めるため教えを説いている。
FC2カウンター



プロフィール

マッサル@GRAVESTAR

Author:マッサル@GRAVESTAR
3月21日更新。

日本に本物の音楽を!
福岡在住の25才のギタリスト&ソングライター。

超有名なバンド「GRAVESTAR」をやってます。

現在最強のボーカル募集中!

俺が好きなシンガーはクリス・コーネル、サミー・ヘイガー(元Van Halen、Chicken Foot)、クリス・ロビンソン(The Black Crowes)、スティーヴィー・ワンダー、スティーブン・タイラー(Aerosmith)など、ソウルフルな方々です。

バンドのイメージはAEROSMITHとLED ZEPPELIN、ROLLING STONESとBLACK CROWESとビートルズを混ぜてグランジのフィルターで濾したような泥くさい感じ。
というのは表向き!!!

色んな音楽を取り入れ結果として「あいつらはめっさいかしてるぜぇ!」と呼ばれるバンドを作りたい!

その昔ビートルズやツェッペリンやストーンズがそうだったように!



ライブ情報■3月23日に遊びでアコースティックライブします。詳細はナイショ。


あと俺はアル中じゃないし、天然でもありません。

ではまた。

※mixiしてる方は「マッサル@Vo募集中」でお探しください。



カレンダー

01 | 2009/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

直接のお問い合わせはこちら!

名前:
メール:
件名:
本文:



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神を見た。

「八島君って仕事中に曲思いついたらどうしてんの?」

とバイト先の上司に聞かれ、
カチコチに固まる夢を見ました。

 

こんばんは、本名は八島マッサルです。

仕事中曲を思いついてもこっそり紙に書き残したりしない自信があります。

仕事中ですからね!

 

さてさて、もう一昨日の話になってしまいますが、
16日の月曜日、あの伝説の、そして現役バリバリの、鼻の大きな、

64歳を超えたとはとても思えない容姿のギタリスト、

「Jeff Beck」の福岡公演を見に行ってきました!
jeff20beck7.jpg

GRAVESTARのボーカルのヒロシと、友人のJimiとフッチーさんも一緒に見に行きました。
CA3A0459.jpg

ライブ終了後はDynamite Monster Boogie TrainのドラマーTacoさんも合流し、

マッサル君は新しい革製品を2つも手に入れましたとさ。

 

 

おしまい。

 

 

 

 

 

とみせかけて、

我々はチケット入手時期が遅かったため1190番辺りのかなり遅い番号だったんですが、
そこは何度もZEPP福岡に行ってるマサル君。
CA3A0461.jpg

経験と様々な裏技を駆使し、いろいろと何たらかんたら何とかして
最終的にはステージから6列目まで行くことができました!

そして神とたたえられるギタリスト、いやミュージシャン、いやアーティストを
5mほどの至近距離で見ることができたのです!!

まず噂の22歳の女の子ベーシスト、タル・ウィルケンフェルド
albumcoverTalWilkenfeld-Transformation.jpg

「女の子にしては」なんて評価はきっとこれからも出てこないでしょう。
派手ではないがどっしりとしたグルーヴと、
歌心のあるベースラインにノックアウトされてしまいました。

一本のベースをジェフと引き分けて演奏する「二人羽織りベース」も面白かったです。
(ジェフが3,4弦でベースライン、タルが1,2弦でソロ)

特に「悲しみの恋人たち」のベースソロは圧巻!
フレットレスベースの浮遊感も加わり、ため息の連発でした!

ちなみにうちのヒロシがタルに惚れていまい、
ライブが終わって出待ちをして、解散するまでの間ずっと暴走気味で、
嫁に迎える気満々でした。

 

そしてタルもヒロシを気に入っていたと思います。

 

それと、まさか来日メンバーにいると思ってなかった、ドラムの「ヴィニー・カリウタ」

化け物でした!!

いろんな情報媒体にてそのドラミングの評価を聴くことができると思いますんで、
あえて多くは言いません。とにかく化け物でした!

 

キーボードのデヴィッド・サンシャス

あくまでも楽曲を効果的に支え続けてはいるものの、
ベックとのソロの掛け合いはすさまじい物でした。

そしてジェフ・ベック

40年前とルックスが変わってないとは言われているものの、
やはり近くで見ると64歳という歳も納得の年季の入った顔立ち。

そのギタープレイは息をするのも忘れるほどスリリングで、豪快で、時に繊細で、
1時間40分ほどのライブがあっという間に終わってしまいました。

ギターを泣かしたり、犯したりするギタリストはたくさんいますが、
それに加えてジェフのギターはなんと喋るんです

喋りまくってました!そして時に無口になります。

究極のギターの表現者だと言われ、40年間音楽シーンのトップに君臨する理由、
それがはっきりとわかりました。

 

セットリストも大満足!新旧の曲をごちゃ混ぜにし、
彼自身ソロキャリアの集大成ともいえるベスト曲だらけのライブでした、
CA3A0462001.jpg

俺自身14才というわりと早い段階からジェフ・ベックを聴いていて
なかなか思い入れの深い曲も沢山あるんですが、

中でも5曲目という早い段階で演奏された「悲しみの恋人たち」や、
ビートルズの名カバー曲「A Day In The Life」の美しさが身にしみ、

「Led Boots」「Blue Wind」などの曲ではメロディ1音1音の力強さを再認識しました。

「Scatterbrain」を演奏しなかったのが少し残念ではありましたが、
また見たい、もっと見たいと思わせる、すばらしいライブでした。

 

確かにとっつきにくい感じに見えるジェフ・ベック。

少し構えてしまうかもしれないし、聴く側のセンスも確かに必要だと思います。

でも一度耳をプレーンな状態にして、みんなにも聴いてみてほしい。
彼の歌声がギターを通して聞こえてくる。
それに気づいてからがJeff Beckの本当の楽しみ方だと思います。

 

それでは最期にJeff Beckで「悲しみの恋人たち」をどうぞ!

それではまた!


スポンサーサイト

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

ジブリ In Hollywood。(誤字脱字訂正済み&追記もあり)

みんなに幸せになってもらおうと思ってした事が

8割がた裏目に出ます。

 

こんばんわ、マッサルです。

 

最近(力仕事の)バイト先の社員さんと、

「最近のハリウッド映画はネタ切れ気味だよね」

「確かにそうですね、でもドラゴンボールとかが実写化されたみたいに、
日本のアニメとかマンガを原作にしたやつが結構多いですよね。
日本でもアニメの実写版は最近多いし」

という話になり、ハリウッドに新しい風を吹き込んでみようと 自分なりに考えてみた。

 

ハリウッド版「となりのトトロ」。
totoro.jpg

洋題「The Neighbors」

サッキーとメイという二人のアメリカ人美人姉妹(シカゴ出身)が
自宅近くの森の中で見たこともない生物に遭遇し、逃げ惑う様を描いたサバイバルホラー。

 

あらすじは、

母が病気になり、大都会のシカゴからオクラホマの田舎町に引っ越してきた、バンシー一家。

新しい生活に戸惑いつつも、スイカ農園の経営などで生活をしていくことに成功。

やがて思春期を迎えた姉妹は、父親のニコラスから立入りを禁止されていた
家のそばの森に興味を抱くようになる。

そしてある年の謝肉祭の日、飼い犬のタックが森に逃げ込んだことから
ついに姉妹は禁断の森へ足を踏み入れてしまう。

しかし、森に入った瞬間響き渡る、愛犬タックの悲鳴。

姉妹が目にしたのは想像を遥かに超える、森の伝説「トトル」の姿だった。

そして姉妹が何とかしようと色々やってるうちに何とかなるようになって、

事件から1週間後、

事件後の農村地帯から、1時間半にわたりビデオに収められた映像が、
アメリカ軍の捜査中に偶然見つかった。

 

うん、

 

なかなかよくなってきた。

 

 

映画の特徴としては、

①姉妹の持つハンディカムで事件を様子を克明に撮影し続けた
「主観撮影法」を用いた作品のため、
自分が映画の中に飛び込んだかのようなリアリティが味わえる。

②主観撮影法のため、手ブレが激しく、乗り物酔いのひどい人にはお勧めできない。

③妊婦も見ちゃいけない。

④結局最期までトトルが何体いるのかがわからない。
というか最後まで見てもわからない。

某巨大掲示板では「トトルは1匹だけ!」、
「トトルは4体いた!」とのあいまいな情報が飛び交うが、

「トトルは親2匹、子が1匹」という説がもっとも有力。

⑤監督はローランド・エメリッヒ。
だから代表作のハリウッド版「ゴジラ」や「デイ・アフター・トゥモロー」、
そして「インデペンデンス・デイ」同様、ニューヨークが無残に破壊される。

ちなみに舞台はニューヨークから遠く離れたオクラホマ州だが、
ニューヨークも重要なファクターらしい。

⑥配役はサッキーにヒラリー・ダフ、
254966.jpg
メイ役はダコタ・ファニング。
A0001257-00.jpg
父親のニコラスはジョン・トラボルタ。
john-travolta-photo.jpg
病気の母親は二コール・キッドマン。
A0001665-00.jpg

トトルはフルCGで、「モンスターズ・インク」のサリーを真似たらしい。
55-02.jpg
というかピクサーの社員がトトルをデザインしたらしい。

この事件の裏にはアメリカ最大の麻薬組織と、テロリズムが密接に関係していて、
元をたどればキューバ危機に関係があり、生前のチェ・ゲバラにヒントがあるらしい。
che.jpg

あとローマ法王の謎にも迫るらしい。

⑧ロックスターが友情出演。近所に住むサッキ-の同級生の男の子「ゲイリー」は
なんとジョン・ボン・ジョヴィ。
jonbonjovi.jpg

そのグランドマザー役には、なんと最近巨大化したアレサ・フランクリン!
aretha-franklin.jpg
出演料だけで制作費の10%に達したとか!

そしてカントリーバンド役でZZ TOPも出てるらしい。
zztop4.jpg

⑨重要なシーンでLed Zeppelinの「移民の歌」を許可済みで使用したにも関わらず、
ギタリストのジミー・ペイジから著作権関係の訴訟が起きる。

ちなみにオープニングテーマはレイナード・スキナードの「スウィート・ホーム・アラバマ」。

エンディングテーマはZZ TOPの「Tush」。
新たに撮影されたTushのPVは映画の映像とZZ TOPの映像を掛け合わせたもので、
コミカルな彼らと映画のシリアスさが対峙がすばらしいとされ、
グラミー賞のロックビデオ部門を見事に獲得。

⑩猫とバスの融合、猫バスがCGでも再現不可能とされていたが、
p1_20090212001452.jpg
猫バスの顔まねがすごくうまい日本人がオーディションにて発掘され、
顔の筋肉の動きをモーション・キャプチャーを用い、データ採取。

これまた日本人が映画界に世界的な注目を集める。

⑪エンディングが実は二つあるが、
初回限定のDVDを購入した人のみが見れる特典になっている。

⑫「雨にもかかわらず公開4日目のみの歴代興行収入No.1」という
ムリヤリな括りの中で世界一を記録。

⑬ポスターはこれ。
561543235_93.jpg

 

うん、

 

なんかどうでもよくなってきた。

それでは今日は、オリジナルメンバーで再結成して来日も決まったMr Bigの名曲、
「Green-Tinted Sixties Mind」をどうぞ!!

ちなみに本日12日の午前11時から、6月12日のZepp福岡公演の先行予約が開始です!
俺はバイト中にこっそりチケットを取ります!

 

14歳のときから聴いていたバンドの再結成、今から楽しみです!
それではまた!

 

※追記

チケット4枚ゲットしました。

福岡公演参戦の方、よろしくお願いします。


テーマ:★おすすめ映画★ - ジャンル:映画

とても人気の「ダメ男」。(追記あり)

鍋が寿命を迎えました。
CA3A0412.jpg

こんばんわマッサルです。

この鍋は以前、6時間の空焚きを受刑した鍋です。

 

さてさて、昨日1月31日は俺のバンドGRAVESTARの、
CA3A0445.jpg
最期のアコースティックライブでした!

普段からお世話になってるライブハウス「peace」で初の正式ライブでしたが、
まさかのアンコールまで頂き、なかなかいいライブだったと自負しております。

セットリストです。今回は

1.20th Century Boy(T.Rex)
CA3A0425.jpg
2.Mr.Brownstone(Guns N' Roses)

3.Heartstrong(Silvertide)
CA3A0441.jpg
4.Plush(Stone Temple Pilots)
5.In The City(Gravestarオリジナル)
CA3A0421.jpg
6.By Your Side(The Black Crowes)
7.Hard To Handle(Otis Redding)
CA3A0438.jpg
8.(アンコール)Goin' Where The Wind Blows(Mr.Big)

という、Gravestarの趣味が伺えるすばらしい選曲でした!

同じメンバーが言うのもあれですが、ボーカルのヒロシの急激な成長が見えました。

中にはそれアコギ向けの曲じゃないだろという曲もありますが、
いいんです、誰にでも放てないような熱が伝われば!

あと、初ライブのときからやってるオリジナル曲「In The City」
火がつくほどの大人気です。

ヘヴィだけどカントリーチックな感じの曲で、都会に出てダメになっていく男の曲なんですが、
セットリストの中でも一番人気で、ほかのカバー曲よりカッコいいという噂もチラチラ!!
ありがたいことです!!

さて、イベントに参加したみなさん、そしてpeaceの皆さん、
見に来てくれた清水さんご一行様、バイトのⅠ崎さん(差し入れありがとうございました)、
罵倒観音@不良課長さん、ハラトシさん、ユウタ、えっちゃん、ショウタにいやん、

本当にありがとうございました!

Gravestarはこれからバンド形態でのライブに向け、スタジオにこもります!

ドラムも決まり、3月か4月には必ず大きなステージに立つと思うので、
ぜひぜひチェックをよろしくお願いします!

なお、現在HPを製作中でして、近いうちにお披露目できると思います。
その際にはまたここで、そしてmixiをされてる皆さんはコミュニティ「GRAVESTAR」を
ぜひぜひチェックをお願いします!

GRAVESTARコミュニティ↓
http://mixi.jp/view_community.pl?id=3679696

それでは今日は昨日演奏したStone Temple Pilotsの名曲「Plush」をどうぞ!

これからもGRAVESTARをお願いします!
CA3A0443.jpg

ではまた!

 

※追記

 

この日のライブの写真を持っている人がいればぜひ寄付を、

そしてこのライブを目の当たりにした方は赤裸々に感想を言ってもらえるとうれしいです。
ドMなので…。


テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。