A ROCKER IN THE BOOTS
福岡在住26歳。GRAVESTARのギタリスト「マッサル」のブログ。日夜音楽の素晴らしさを広めるため教えを説いている。
FC2カウンター



プロフィール

マッサル@GRAVESTAR

Author:マッサル@GRAVESTAR
3月21日更新。

日本に本物の音楽を!
福岡在住の25才のギタリスト&ソングライター。

超有名なバンド「GRAVESTAR」をやってます。

現在最強のボーカル募集中!

俺が好きなシンガーはクリス・コーネル、サミー・ヘイガー(元Van Halen、Chicken Foot)、クリス・ロビンソン(The Black Crowes)、スティーヴィー・ワンダー、スティーブン・タイラー(Aerosmith)など、ソウルフルな方々です。

バンドのイメージはAEROSMITHとLED ZEPPELIN、ROLLING STONESとBLACK CROWESとビートルズを混ぜてグランジのフィルターで濾したような泥くさい感じ。
というのは表向き!!!

色んな音楽を取り入れ結果として「あいつらはめっさいかしてるぜぇ!」と呼ばれるバンドを作りたい!

その昔ビートルズやツェッペリンやストーンズがそうだったように!



ライブ情報■3月23日に遊びでアコースティックライブします。詳細はナイショ。


あと俺はアル中じゃないし、天然でもありません。

ではまた。

※mixiしてる方は「マッサル@Vo募集中」でお探しください。



カレンダー

09 | 2009/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

直接のお問い合わせはこちら!

名前:
メール:
件名:
本文:



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

U・F・O。

ようやくコミュニケーションが取れたね。
bGRL_0003.jpg

こんばんわマッサルです。
bGRL_0002.jpg

最近。いかに人から信じられていないのかが身に染みています。

 

人に信じてもらいたくて、今回この記事を書きます…。

 

 

先日用事があり、マイミクのnikoraと昼過ぎに大宰府に行きました。

俺が大宰府に住んでいた頃、
夜な夜な訪れていた政庁跡という遺跡に立ち寄り、

あまりにも秋の夕焼けと雲がキレイだったので写真をパシャパシャ撮っていると、

nikoraの携帯のディスプレイにのみ2つの黒い点が映し出されているのを発見。

 

それは紛れも無い、2機の見事なアダムスキー型UFO!!

 bGRL_0000.jpg

最初は俺もnikoraも目を疑い、
念の為にディスプレイやレンズの汚れをゴシゴシと拭きとりました。

 

が、どうもそれが原因ではない様子。

なぜなら、再びカメラを被写体に向けると、
黒い点は少しだけ位置を変え、ジワジワと動きながら結合し、

 

一つの大きな点になったではありませんか!!
bGRL_0001.jpg

その間およそ5分!

このUFOはおそらく、人間の目では眩し過ぎて見れない夕日の逆光の中を、
深手を負って帰ってきた小さなUFOと母艦がドッキングする場所として選んだのです。

 

ちなみに同時刻に俺が撮った写真はこれ。
bCA3A0859.jpg

なぜか黒い点は写っていません。

しかしUFOの身になって考えてみれば写らなかった理由は明白…。

UFOは念は念を入れ、人間には見えないよう、
ステルス的な作用のある「透明バリア」を張っていたにもかかわらず、

それもやはり完璧ではなく、俺と何mかだけ離れていたnikoraの立ち居地では
惜しくも盲点となり、その効果が完全に消えていたのです。

宇宙の最先端の科学技術は、惜しくも一人の女の子に破られたのです。

 

しかし、さらに観察を続けること数分。

UFOは急にディスプレイから姿を消してしまいました。

 

おそらく我々がその姿を観測し、騒いでいるのに気づいたからだと思います。

 

我々はこのエキサイティングな出来事を、
きっと後々に言い伝えると思います。

「隠れてるつもりのUFOをガン見したよ!」と。

 

ちなみにUFOの事、誰も信じてくれませんでした。
(特にバイト先の人々)

 

ちなみに、今年の11月15日。
アメリカ政府が遂に宇宙人の存在を世界に公表するそうです。

俺が思うに、今回の見たUFOはそれに関連し、
少しだけ早くプロモーション来日を果たしていたのではないかなと思います。

 

そしてみんなはこの記事を見て、

マッサルをもう一度信じたくなったのではないでしょうか。
bGRL_0004.jpg

では、さようなら。


スポンサーサイト

テーマ:*写真で残す日常* - ジャンル:写真

I・K・A。

撃ったのは俺じゃない、お前だ。

bCA3A0822.jpg

~はずしっこⅢを持っての感想~
(魚の口に刺さった針を外す道具です)

 

さて先日書いた壱岐旅行の日記でも書きましたが、

壱岐での最終日我々を助けてくれた、岡本(兄)さんというロン毛のお兄さん…

前回の記事↓
http://masaru69691984.blog50.fc2.com/blog-entry-322.html

何と、知り合いの知り合いな上に、とあるメタルバンドのボーカリストということが判明。
福岡でもチョコチョコライブをしてるそうな。

ここにデカデカと載ってます↓
http://sound.jp/amducias-web/member/seiji.html

 

マッサルは運命と、世間の狭さをつくづくと感じ、
ご本人様にマイミク申請をしたのでした。
(ちなみに岡本さんがロン毛な理由はサーファーだからだと思ってました)

 

 

 

今更ですが、9月の終わりがけに福岡は最西端、姫島に行ってきました!
bCA3A0823.jpg

同行者はマイミクのnikora、Jimi、くりぃ~む☆という、
髪型が一緒な4名!
200909300756000.jpg

朝6時に家を出発し、フェリーに乗り、

釣りを開始したのは朝の9時前。

 

クリームが人生初となる魚(真鯛)を釣り、
bCA3A0824.jpg
みんなが餌釣りでアジやカワハギを釣っていると、

マッサルはルアーでトンカツ位サイズのミズイカを釣り上げました。
bCA3A0826.jpg 
場内騒然!みんなクーラーボックスで待機させてたビールを取り出す!

 

所持していた包丁でイカを生きたまま刺身にし、乾杯。
bCA3A0827.jpg

吸盤が張り付くほどの新鮮さでイカを食したくりい~むは、
「僕こんなの初めてぇ~」と興奮したとかしてないとかで、
もう立ち上がれないほどヘロヘロ!

午前中のビ-ルとイカの刺身は最高です!

 

アルコールが入り食欲の増進した我々は、
サビキに掛かった5㎝のアジさえ捌いて刺身にするほど、自然界に対する貪欲な態度!!

残った頭と内臓はラヴォスにくれてやりました。
bCA3A0828.jpg
↑くり~むとラヴォス

しかしその後雨が酷くなり、
2時間ほどで本土に引き返した我々「フィッシュ・バイターズ」

 

雨が止むまで待って色んな漁港を回ってみましたが、鳴かず飛ばず。
bCA3A0832.jpg

クリームは買ったばかりの竿を根元から折り、海に放流する始末。
bCA3A0830.jpg
ルアーにひっかっけて回収しようとしましたが、だめでした。

しかし最後にJimiポンが釣り上げた80cmのイサキが
優秀の美を飾りました。
bCA3A0834_20091022234408.jpg

さようなら。
bCA3A0835.jpg

たいした魚も釣れなかったので、夕方頃それぞれの家に帰っていきました。

 

この日雨だったのは多分、
「休日は全部雨」こと雨男Jimiくんのせいだと思います。

とある漁港で出会った可愛い飼い犬「ニーズヘッグ」に吠えられたのも、
bCA3A0831.jpg
我々全員がロン毛だったからではなく、Jimi君が悪かったんだと思っています。

 

ではまた。
091010_2015~0001


テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用

I・K・I。

ラインシステムを組み、
P9160001.jpg

タイトルの通り長崎県は壱岐に行ってきました!

同行者はマイミクのnikora氏。

目的は観光と、こんな大海原にルアーをぶん投げ
ブリやカンパチを釣り上げることです!
P9230002.jpg

23日の朝に出発した我々。

福岡はベイサイドプレイスより2時間半足らずで壱岐に到着しました!

港まで迎えに来てくれた車に乗り、旅館に向かうマッサル一行!

到着した旅館の女将はまさかのツンデレ!!!

 

いつも通りに喋ってるマッサルに

「相当お疲れのようですね」

などと言うからゾクゾクしてもーたまらん!!

 

 

取り乱しました。

 

 

旅館について一番最初に言ったのは、
壱岐の北にあるイルカパーク。
P9230009.jpg

免許を持ってるくせに運転する勇気も無ければ、カーをレントする金も無い我々は
何時間に一本しかないバスに乗り、3キロほど歩いて到着。
IMAGE137.jpg
※リュックの中は竿とルアーしか入ってません。

初めて会う壱岐のイルカに勝手に「マーキー」と命名。
P9230013.jpg P9230030.jpg

そしてイルカパークの側でチヌを狙い、ルアーをぶん投げる!!

 

その後旅館に帰り着き、風呂とご飯を済ませた我々は、
夜11時頃から夜釣りに向かい、橋の上からルアーをぶん投げる!!

 

そして次の日、日本でも有数のビューティフル・ビーチに向かった我々。

平日ということもあってか、なんと貸切!!
P9240034.jpg
38769680_2563681092.jpg 38769680_2900505096.jpg

貸切なのをいいことにヒラメを狙い、ルアーをぶん投げる!!

 

その横の漁港でもブリの子供を狙い、ルアーをぶん投げる!!
P9240038.jpg

 

その数時間後、帰りのフェリーに間に合うように竿を仕舞った我々。
(フェリー乗り場は10キロ以上先)

漁港にいたロン毛のおっちゃんに車をヒッチハイク出来そうな場所を尋ねると、

「俺の弟が暇してるからフェリー乗り場まで送らせるよ」

と、何というありがたいお言葉!イケメンです!

すると弟さんが5分後に到着!前日行けなかった観光名所、
猿のように見える「猿岩」まで立ち寄り、
P9240039.jpg P9240042.jpg
フェリー乗り場まで2キロほどのお土産屋さんまで連れて行ってくれました!

絶対この方のことは忘れません!!

えーと、岡本さん!!

 

昼ごはんを食べお土産を買うと、裏メニューの登場!

岡本さんが話をつけてくれてたらしく、
なんと!お土産屋さんの店員さんがフェリー乗り場まで車で送ってくれました!!

ありがとう!サワラの食感が好きな店員Aさん!

 

で、フェリー出発までの1時間弱、カマスを狙ってルアーをぶん投げる!!

 

nikoraは初の釣りで釣り上げたのが「ムツ」というレアな経験をし、

その後はサビキでカワハギやちっちゃいクロを続々と釣り上げてはリリースしていました。

 

そしてフェリーに乗り込み、半分酔っ払った状態で壱岐を後にした我々ですが、
P9240058.jpg

このノープランの旅の結果、見返りを求めず、人に優しくしたいと思ったのでした。

 

それと日々の生活の中で少し心のスレてた自分に気づき、

まだまだ大きく成長しなきゃと、マッサルは思ったのでした。

 

この旅から2週間経ったある日。

トリアス久山から帰るバスの中
乗客に不必要なまでの不快感を表す運転手に怒りを覚えたマッサルは、

運転手に成長してもらいたかったので、西鉄お客様センターに苦情の電話を掛けたのでした。

 

 

ちなみに散々釣りに行っておきながら 
この旅でマッサルがルアーで釣り上げたのは20cm位のエソ一匹(蒲鉾の材料)。
P9230021.jpg 

潮が、潮が悪かったのです。


テーマ:日々のできごと - ジャンル:ライフ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。