A ROCKER IN THE BOOTS
福岡在住26歳。GRAVESTARのギタリスト「マッサル」のブログ。日夜音楽の素晴らしさを広めるため教えを説いている。
FC2カウンター



プロフィール

マッサル@GRAVESTAR

Author:マッサル@GRAVESTAR
3月21日更新。

日本に本物の音楽を!
福岡在住の25才のギタリスト&ソングライター。

超有名なバンド「GRAVESTAR」をやってます。

現在最強のボーカル募集中!

俺が好きなシンガーはクリス・コーネル、サミー・ヘイガー(元Van Halen、Chicken Foot)、クリス・ロビンソン(The Black Crowes)、スティーヴィー・ワンダー、スティーブン・タイラー(Aerosmith)など、ソウルフルな方々です。

バンドのイメージはAEROSMITHとLED ZEPPELIN、ROLLING STONESとBLACK CROWESとビートルズを混ぜてグランジのフィルターで濾したような泥くさい感じ。
というのは表向き!!!

色んな音楽を取り入れ結果として「あいつらはめっさいかしてるぜぇ!」と呼ばれるバンドを作りたい!

その昔ビートルズやツェッペリンやストーンズがそうだったように!



ライブ情報■3月23日に遊びでアコースティックライブします。詳細はナイショ。


あと俺はアル中じゃないし、天然でもありません。

ではまた。

※mixiしてる方は「マッサル@Vo募集中」でお探しください。



カレンダー

11 | 2009/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

直接のお問い合わせはこちら!

名前:
メール:
件名:
本文:



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年最後のご報告。

マッサルだノシ。

今年の最後になって、4ヶ月伸ばしっぱなしだったヒゲを処理しました。
CA3A1005.jpg

5cmまで伸ばしたヒゲはあれよあれよと言う間に5mmに!

 

1971年に24歳で他界したデュアン・オールマンをイメージして伸ばし続けたヒゲ。
DuaneAllman.jpg

ホッペからはまったくヒゲが生えず、一部には大不評!一部には大好評!

 

牛丼を食べに行ったところ、
口ひげに引っかかった米粒が前方に弾き返されたことをキッカケに
マッサルはヒゲを処理することを決めたのです。

さらばヒゲ。

さらば2009年。

 

今から湯布院に冒険に行ってきます。
CA3A0939.jpg

 

アディオス地球人。

来年は俺を信じてください。

UFOを見た話も本当です。

CA3A0897.jpg

みなさんも良いお年を。

See Ya!!


スポンサーサイト

テーマ:日々のできごと - ジャンル:ライフ

久々の人前ライブで白い歯がとても印象的でした。

お久しぶりですマッサルです。
41536624_4220453786.jpg

みなさんに質問です。

1ヶ月半なんて宇宙の歴史から見ればたった一摘みのモーメントだと思いませんか?

少なくとも僕は、確実にそう思います。

そんな小さいことを気にするやつは宇宙のファンタジ…いやゴミです。

 

 

では1ヵ月半ぶりに日記を書きます。

このブログを生き甲斐にしているマイミクのみなさん、
そしてバイト先の方々を初め皆さんごめんなさい。

 

12月13日(日)はワタクシの彼女nikoraの誕生日でした。

集まってくれたバイト先のタハラ君、ぼー君、8282さん、へざえもんさん、
たっくん、驢馬男さん、かおるくん、
それに残念ながら欠席になってしまった皆さんと、笑福やのおっちゃん、ゆうこりんさん!
それにケーキをお安く提供していただいた驢馬男さんの奥様!

ありがとうございましたー!

 

この日はソウルフル・タハラがボーカルで、俺とたっくんがギターで、
スティーヴィー・ワンダーの「Isn't She Lovely」を。
(写真がありません)

その後はボーカルが驢馬男さんに代わり、
Extreamの「More Than Words」を。
(写真がありません)

リハーサルなし、全てぶっつけ本番で演奏!
みんな構成も間違えず頑張ってくれました!

本当はノラ・ジョーンズの「Don'T Know Why」
ギター一本のオリジナルアレンジでやるはずだったんですが、
シンガーの●tmy●が欠席で、残念ながら演奏できず…これはまたの機会に!

 

そしてプレゼント交換タイム。

みんなグレイトなプレゼントを渡す中、俺がアコースティックギターのホールから取り出したのは、

「Earth,Wind & Fireの12月16日の福岡公演のチーケットー!!!!!!!!!!!!!!!」
091219_2057~0001 EarthWind1.jpg

 

 

 

 

ということで12月16日にnikoraと驢馬男さんと見に行ってきました。

Earth,Wind & Fireの福岡公演@福岡市民会館!
CA3A0920.jpg CA3A0919.jpg

今までの文章は中身のある前置きです。

おそらく音楽に疎い人でも聴いたことがあるはず、
かの名曲「September」「Boogie Wonderland」を歌ってる黒人ファンクバンドです!

セットリストは

①Boogie Wonderland
②Jupiter
③Serpentine Fire
④Sun Goddess
⑤Sing A Song
⑥Shining Star
⑦Kalimba Story
⑧Percussion Battle (Philip vs Ralph)
⑨Evil (with 'SUNNY')
⑩Brazilian Rhyme
⑪That's The Way Of The World
⑫After The Love Has Gone
⑬Reasons (with 'Betcha By Golly,Wow')
⑭In The Stone
⑯Fantasy
⑰September
⑱Let's Groove
⑲Mighty Mighty~Horns Medley 
⑳Getaway

という、恐ろしいほど名曲を網羅した1時間40分でした!

いきなり1曲目からのBoggie~でも、朝からラーメンを食わされるくらいの衝撃だったんですが、
特に俺と驢馬男さんが好きな2曲目のJupiterは
体にバシバシ突き刺さるホーンセクションが気持ちいい!
そして3曲目のSerpentine~。この流れは最高でした!

12曲目のAfter~ではフィリップ・ベイリーの吐息まで生々しく伝わってくるほどの歌唱。
16曲目のFantasy。イントロのあのリフがスタジオ音源では体験できない位ラウド。

キャッチー過ぎて普段聞くのは少し恥ずかしい位の17曲目の名曲Septemberでさえ、
その作り込み方に時々ハッとする程のクォリティ。
ライブバンドであると同時に偉大なファンクバンドであり、
偉大なロックンロールバンドであることを体感することが出来ました。

特に18曲目のイントロ「ナマムギナマタマゴ」を生で聴けたのはとても感慨深く、
クライマックスではまさかのGetawayを聴けたので、
個人的にはこの上なく最高ののセットリストでした!

 

しかし突っ込みどころも非常に多く、集金ツアーである感じは否めませんでした。
(演奏面に関して言えば06年のKISS、05年のMotley Crueより遥かにマシ)

ライブ始まってすぐは演奏も少しずれるし、ギターはモコモコして好きではない音。
PAに関してもライブ前半のミキシングが酷く、ボーカルが聞こえないこともしばしば…

 

それに怒りを覚えた驢馬男さんが終演後にPAまで文句を言いに行きました。

しかし3秒で戻ってきました。

俺はてっきり3秒でSATSUGAIしたのかと思いました。

 

でも本当はPAが黒人だったので帰ってきたそうです。

次は無いと言っていました。

そんな感じです。

 

でも全体通してやはり彼らは彼ら!

Earth,Wind & Fireというブランドパワーをキッチリと楽しめたと思ってます!!

 

現在行ってる署名が募れば、来年は療養中のモーリス・ホワイトも奇跡的に復活し、
日本に戻ってきてくれるそうです!(再来日は決まってるそうです)

マッサルはまた行こうと思っています。

次はもっと前の席で!

 

以上、地球で行われていることの報告でした。
マッサルでした。
CA3A0914.jpg

※いつもmixiからこの日記をご覧の皆さん、
日記の表示の仕方に変化があったので12月19日のあたりチェックよろしくです。


テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。