A ROCKER IN THE BOOTS
福岡在住26歳。GRAVESTARのギタリスト「マッサル」のブログ。日夜音楽の素晴らしさを広めるため教えを説いている。
FC2カウンター



プロフィール

マッサル@GRAVESTAR

Author:マッサル@GRAVESTAR
3月21日更新。

日本に本物の音楽を!
福岡在住の25才のギタリスト&ソングライター。

超有名なバンド「GRAVESTAR」をやってます。

現在最強のボーカル募集中!

俺が好きなシンガーはクリス・コーネル、サミー・ヘイガー(元Van Halen、Chicken Foot)、クリス・ロビンソン(The Black Crowes)、スティーヴィー・ワンダー、スティーブン・タイラー(Aerosmith)など、ソウルフルな方々です。

バンドのイメージはAEROSMITHとLED ZEPPELIN、ROLLING STONESとBLACK CROWESとビートルズを混ぜてグランジのフィルターで濾したような泥くさい感じ。
というのは表向き!!!

色んな音楽を取り入れ結果として「あいつらはめっさいかしてるぜぇ!」と呼ばれるバンドを作りたい!

その昔ビートルズやツェッペリンやストーンズがそうだったように!



ライブ情報■3月23日に遊びでアコースティックライブします。詳細はナイショ。


あと俺はアル中じゃないし、天然でもありません。

ではまた。

※mixiしてる方は「マッサル@Vo募集中」でお探しください。



カレンダー

05 | 2011/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

直接のお問い合わせはこちら!

名前:
メール:
件名:
本文:



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オリジナル!
起こると思ってもなかったことが起こったり、

出会えるはずも無いスゴい人に出会ったり、

雲の上の世界に住んでる人と友達になれたり、

TVでしか見れない芸能人が意外と普通の人だったり、

想像をはるかに越える景色があったり、

食べた事の無い味の料理や酒があったり、

聴いた事のない曲があったり、

斬新な芸術があったり、

信じられない風習の民族がいたり、

今だに世界中で戦争が起こっていたり、

目を疑う独裁政治国家があったり。



いつも自分の想像を越える
新しい出来事の連鎖反応の中で
生きているにも関わらず、

20代も半ばを過ぎると、
「そんな事はあり得ない」とか、
「どう考えてもむりだ」とか、
「絶対ウソだ」とか、

自身の過去の経験を元に考えるクセが
ついてしまう人が多い。非常に多い。

多くの人がそこで取る行動は、
疑いだったり、無視だったり、
ひどくなると非難だったり、
叩き上げだったり。

自分と異質の物を
排除しようとする傾向がある。

これは自尊心を維持し、守る為でもある。



でも、たかだか人生は80年程度。
人類の歴史は200万年。



自分の寿命の2万5000倍の過去の歴史では、
あり得ない事がいくつ起こっただろう?
と、マッサルはよく考える。


少なくとも自分の人生で経験する
「あり得ない」が、
2万5000倍存在している気がする。


20年前、携帯電話が一般的になるなんて思わなかったし、

ハイブリッド車の発想なんて、
少なくともマッサルには無かった。

そもそも200万年前の人間は、
車や通信という常識さえ無かったはず。

しかし、年月を重ね、
変化が緩やかに起こり続ける事により、
ある日、それが常識に変わる。



では、もし現代に携帯電話が無かったら?


ハッキリとした想像も出来ないし、
違和感を感じると思う。


でも気付かないといけないのは、

携帯電話が発明された頃
それを所持している人に対し、
我々は同質の違和感を感じたはずだし、
それが一般に普及するイメージなんて無かったはず。
ということ。


では200万年後には、
何が常識になっているのか?


今は、2011年。

過去に通用する常識も残っていれば、
消えた常識もあり、
新たに常識になる事もある。

新たな常識は過去に通用しない事もあるし、
数億年後までの常識になる可能性もある。



予想もしなかった形でそれは現れ、

食事の定義だって、
芸術のカテゴライズだって、
言葉や国境だって、

今より曖昧になってる可能性があるし、
無くなってる可能性もある。




マッサルは、
「自分の想像の中で起こることばかりの人生なんて、つまんなさそうだ」
と思う。



予想外の事は、出逢いという形で起こるかもしれないし、
情報という形で現れるかもしれない。



しかし、何に対しても「あり得ない」
と突き返すクセがある限り、
新しい常識のオリジネーターになる事はきっと無いし、
自分の可能性を小さくする結果に繋がる。


それでは後から時代を追っていく人になるだけだ。



この考え方を持っていると、
何に対しても迷わない。

自分が人と違っていようが、変と言われようが、
「ずっと先を見ているだけだ」
と言い切れる。


上記は、特にコンテンポラリーな職の人と
共感できればといいなと思う。



もう一度言うけど、

今は2011年。
これから先も、予想外の事は起き続け、
やがて常識になる。
自分の想像の範囲内だけで、物事は起こらない。





そう、










宇宙人は絶対いる。

スポンサーサイト

テーマ:宇宙・科学・技術 - ジャンル:学問・文化・芸術

ずっと②
初めてこのロゴを見たのは5歳くらいの時。

fcefb6e300f84b00a19f5f0e4b6cebf4.jpg

実家のおもちゃの中にバットモービルがあり、
それにこのロゴが張り付いていた。

それを見て幼いマッサルは




「何でノドチンコが2つあるうえに、
 歯が4本しか生えてないんだろう」

a-622.jpg


と疑問に思っていた。







でも、違った。




コウモリのロゴだと気づいたのは、
「バットマン・ビギンズ」が公開された頃だ。


ぞれまで20年近く、
「乳歯が生え変わる頃のアメリカ人の子供の口の中」
をロゴにしていると、本気で思っていた。


テーマ:日記 - ジャンル:日記

ずっと。
東野圭吾と東野幸治を同一人物だと思っていた。



東野幸治はタレント業もやりながら、作家としても活躍して、

すごく才能のある人なんだと思っていた。




かなりテレビに出てるイメージがあるので、相当時間のやりくりがうまくて、
空いた時間を上手に使って作品を執筆してるんだな、と感心していた。








でも、違った。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

マッサルの父。②
前回の日記で書き忘れたことがあった。


一度つぶやきにも投稿したことがあったが、




うちの親父のムーンウォークは絶品だ。




玄関まで歩いていった後、ムーンウォークで家族のいるところまで
戻ってくることなんてしょっちゅうだった。


最後に親父のムーンウォークを見て、10年以上がたっているが、
そのどや顔が忘れられずにいる。



その影響か、マッサルもぎこちないなりにムーンウォークができる。

きっと親父の影響に違いない。



ただ、役に立ったことなど一度も無い。






あと、和菓子の配達は基本的に
サングラスにエプロンという出で立ちで行う。


高塚地蔵尊に、四駆が乗りつけ、
中からサングラスにエプロンのデニス・クェイドと
デニス~1
若い頃の志村けんを足したような人が出てきて、
tumblr_l23wo8sJlt1qz57hso1_400.jpg 
和菓子の入ったトレイを担いだら。




うちの親父だ。

テーマ:パパの育児 - ジャンル:育児

マッサルの父。
 親父が作った燻製が毎回うますぎる。

1732740136_151.jpg
なので今日は、大分県玖珠町在住の親父の話を。

俺の親父はいわゆる自由人。


朝は8時に起床し、
家業の和菓子屋の配達を手伝い、
13時には帰宅し、昼寝。
起きたら知人から委託を受けたログハウスを建てに色んな山に四駆で向かう。

それがない時は家業の梨畑を手伝い、
田植えや稲刈りを手伝い、
個人的にタケノコを掘りに行ったり、
巨大なしめじを山から採取して帰る。

それが終わると四駆を走らせ、渓流へ。
春から秋にかけては、毎晩30cmを超える
ヤマメやアマゴ、ニジマスなんかを釣って帰る。 undefined 

夕飯を済ませるのが21時。
毎晩自分の建てたログハウスのアトリエに向かい、
絵を書いたり、毛針を作ったり、
ギターを弾いて歌ったりしている。

最近は燻製を作るためだけの小屋が完成間近らしく、
これでマッサル家のログハウスは4つになる。


その山奥にあるログハウス。
毎年秋になると野外ライブを行う。

知る人ぞ知る薬院のタコスの名店でマイミクBBさんのパパのお店
「ボニータ」が、この日だけは福岡から大分に出店をしたり。

マイミクのあそちゃんさんの
ブルーグラスバンドが出演したりする。

あそちゃんさんは、
俺が幼稚園の頃まで通ってた、小児歯科の歯医者さん。


そのライブも今年で十数回目。
俺も10回位出演した。
20070928003619.jpg

10年前、そのライブの打ち上げで車ごと斜面を転げ落ち、
足が折れた状態で道路に寝てたのを発見された事もあった。


こんな親父を持つマッサル。

生まれた頃からこれが基準値だったため、
高校を卒業するまでは
誰の父親もそういうものだと思っていた。









でも違った。





マッサルはそれに比べればチョーフツゥーですよね。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。